スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しづつ 

カテゴリ:1/43模型製作

 東京モーターショーの情報が続々と発表されて来ましたね!我らがホンダ期待の”ニューNコロ”は表情が以前のデザインとは変わってしまいちょっとガッカリ....。まあまだコンセプト段階なので何とも言えませんが最初の顔つきの方が良かったなあ。昔なつかしモトコンポの現代版”モーターコンポ”が市販化されたら一台有っても良いかな^^。


 512BBはボディー表面の加工はそこそこにして裏側へ。以前にもお伝えしていた様にフェンダーアーチの調整は済んでいましたが後ろ側の足回りはある理由で(笑)構造を変更するつもりなので今の状態での車高バランスの確認をしておきます。

P1040154.jpg
 before

P1040189.jpg
 after

P1040200.jpg

 このキットも43らしくホイールを繋ぐ車軸はこのようにU字部分にはめ込む様になっているのですが今回はこの部分は使いません、というか邪魔になりますので切り取ってしまいます。そして裏側からリヤハッチにはまるウインドウパーツの台座をハンダ付けしました。

P1040204.jpg

 窓枠部分にはめ込んであるのはアルミ板。これをはめ込んだ状態で台座のハンダ付けをしましたがとてもやりやすかったです。アルミ板はハンダがくっつかないので瞬着やマスキング同様ハンダのガイドとして大活躍です!

P1040201.jpg

 次はフロントガラスとドアガラスの台座付け、これかなり時間がかかります...~~;


スポンサーサイト

この記事へのコメント

なるほど。こういうときにアルミ板使えるんですね。
いつもアルミも半田付けできればいいのにと思うんですが、逆の発想で役に立てる。 今後の参考にさせてもらいますね~!

>エヌエフ様、こんばんは。
確かにアルミ板は加工しやすい素材なのでハンダ付けまで出来たら最高なのにも思うことの方が多いですね。
しかしここに来てようやくハンダの加減が掴めて来た様な気がします。以前エヌエフ様のブログにて「いつからか細かいパーツのハンダ付けをやっていてもあまりドロっといかなくなっていた」といったお話をされていたのが自分の中で強く印象に残っています。やはり場数を踏むのが一番の近道かもしれませんね。これからも勉強させて頂きます!

なんだかワクワクする構図になってきました。
ウィンドウが広い車なので、この辺の処理が映えそうですね。

>デモドリ様、こんばんは。
今回は自分の技量とかけ離れた構想なので上手く行くかどうか分かりませんが途中で投げ出さない様に頑張ります!^^;

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hitoriyogari67gt.blog81.fc2.com/tb.php/80-d6e4a1c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。