スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとまず 

カテゴリ:Lotus Cortina (provence)

 ひとまずコーティナのライトが出来ました。

IMGP0613.jpg

 リフレクターとリムを一体で挽くのは難儀そうな気がしたので別々に挽きました。

IMGP0597.jpg

IMGP0604.jpg

 初めてだったので時間はそれなりに掛かりましたが、いざやってみると思っていたよりは簡単でした。模型を始める前(4〜5年前かな?)はラジコンをやっていて、モーターのメンテナンスの為にモーター内部のコミューテーターというブラシが当たる部分をモーター専用のミニミニ旋盤みたいなもので削っていたので切削の感覚がちょっとだけですが有ったせいかもしれませんね。
 今回は縦横に削るだけの簡単なものでしたが、丸みを帯びたものや微妙な曲面を作ったりする様なものとなると一気に難易度が上がりそうですね。コツコツ勉強して行きたいと思います。ゆくゆくは姿バイトというものを作ってみたいですね〜、何をどうしたら良いかも分かりませんが...^^;
 この後は一度捨てサフを吹いてパーツの取り付け部の調整とアラの修正をして行きたいと思います。残ってる問題はタイヤホイールか。。。


 さてせっかくなので今回の旋盤に関して少しだけ書いておこうと思います。自分の様に近くに経験者がいなくて、本やネットでどうにか学ぼうという方の参考に少しでもなったらと思います。

 まず自分は使っている旋盤はTOYO(現サカイ)のML-210です。中古で安く手に入れたものですが、動きが渋かったので調整したり周辺パーツがちょっと少なかったりと稼働させるまで多少時間が掛かってしまいました。もしこれからオク等で中古品を手に入れたいと思っている方は個人出品でなるべくオプションパーツが付いている物を多少高価でも手に入れられた方が幸せになれるかもしれません。

 次に手に入れられたらどう操作したら良いものかと悩んでしまうかもしれません。ググれば旋盤に関しての画像や動画は多少出て来ますが、言葉にしきれない細かい部分はやはり割愛されているところが多いので、詳しく書いてある書籍を手に入れる方が手っ取り早いかもしれません。

IMGP0600.jpg

 この2つがミニ旋盤持ちの方々の中では有名だそうです。左の本はとても高価ですが定番中の定番な本の様で、右の本はちょっと物足りないけど分かりやすい説明がなされていると言われているものの様です。
 結論から言うと自分的には右側の”絵とき〜”ってやつをまず購入されて、それで物足りなりなかったり懐に余裕が有れば左側の本を買う感じで良いかと。確かに左側の本はサカイの旋盤を使ってとても丁寧に説明されているので、旋盤に長く接して行くのには必要になって行くかもしれませんが、自分たち初心者が当面において必要なのはバイトってどう使うの?って事がメインですよね。大げさな話、バイトの使い方と旋盤の回転数さえ分かっていれば、あとは旋盤のレバーをそーっと回してさえ行けばだいたい削れますから。(あ、切削油は必要ですよ) それに基本的なバイトの使い方に関しては右の本の方が詳しい気がします。

 そしてなんとなく操作法が分かったら旋盤を回したくなりますね。元々バイトが付属してきた状況なら良いんですが、自分の旋盤には付いてなかったので迷いに迷って秘密基地というところで買いました。

IMGP0599.jpg

 バイトには色々種類がある様ですが、初心者は”スローアウェーバイト”というものを選んでおいた方が良い様です。この辺は本に詳しく書いてあるので本を見ていて下さい。

 そして削る材料です(ここ大事!) 今回はアルミ材を削りましたがその辺のホームセンターで売っているアルミ材ではありません。大柄なパーツなら良いのかもしれませんが、とても小さく繊細なものを作ろうと思うのならA2017というアルミ丸棒から削り出して下さい。固さが全然違っていて、真鍮みたいな固さです。他にも色々な品番のアルミ棒もありますがこの品番のものが適度な固さで削り易いそうです。ご覧の通り厚み1ミリ程度のライトリムもグニャグニャになる事無くあっさり挽けちゃいます! この丸棒も上記の秘密基地で合わせて注文しました。
 あとはどんどん経験を重ねていくだけ。一緒にコツコツ頑張りましょう!
 
 もしコレから始めようという方で、ご不明な点がありましたらお答えしますのでお気軽にお質問下さい。ちなみに難しい質問にはお答え出来ませんw 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

旋盤バリバリ使えそうですね。
自分は43パーツ作成での突っ切りバイトに以前腹が立ちました。
なんでかと言うと使うパーツの大きさより突っ切りバイトの幅が大きい場合はあります。
お勧めはプロクソンの突っ切り(小)で幅1mm弱なんで材料を無駄に消費する事がありません。
アルミ・真鍮は問題なく使えます。参考までに!!

> Ws43さま、こんばんは。
プロクソンからもバイトが出てるんですね〜!知りませんでした。情報ありがとうございます!
確かに自分も作っているパーツよりも突っ切っている材料の方が多いのは如何なもんか?と考えていました。今後少しずつ道具を揃えて行きますんで参考にさせて頂きます!ありがとうございます!!

やはり旋盤加工できると幅が広がって良いですね。
本とは別の実践作業も楽しみにしています。

> Ohtoroさま、こんばんは。
古い43のキットはタイヤとホイールがダメダメな事がとても多く、作りたくてもこの辺がネックで作れないでいるキットも多いんですよね〜。
デカールやタイヤ・ホイールが自作出来ると一気にやりたい事が増えるので無理して買って良かったと思います。ヘソクリはほとんど無くなってしまいましたが...^^;

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hitoriyogari67gt.blog81.fc2.com/tb.php/292-df9b0915

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。