スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小は大を兼ねうる 

カテゴリ:皆で作ろうRACING43

 131のクリアコートが乾燥するまで、ちょっと台の方の工作を試みています。以前もお話していた様にヴィネット(ジオラマ)風な台の上に飾ってみようと思いますが、これもまた経験ゼロ(汗) 右も左も分からないし美術の通信簿は2だったので(爆)最初のうちはお恥ずかしい出来のものが連発するとは思いますが是非とも暖かい眼差しにてご覧下さいw まぁ失う物は何も有りませんからwガンガン作って楽しんだもん勝ちですかね^^;

 え〜、ではまず初めに台の用意ですね。どうせ最初は失敗しまくりだと思うので、あまり経費の掛からない材料でチャレンジ!
 ダ◯ソーで売っている写真立ての中身を取っ払ってタミヤのスチレンボードをハメ込みます。一応汚れない様に枠にはマスキングをしています。

IMGP0294.jpg

 真っ平らなのもなんなので「なんとな〜くこんな感じかな〜」という起伏を付ける為スチレンボードを重ねました。イメージとしては左の方から右の方に向かってドリフトしている様なイメージに...なれば...。まぁこの後表面に粘土を盛るのでホントだいたい。(これでいいのか?!テキトー^^;) そしてなんとなく岩的な物も有った方が寂しくないかもと会社の片隅に放置されていたスタイロフォーム(ミズイロの破片)をくっ付けてみました。

 そして粘土を盛りますがこれもダ◯ソーで売っている「木粉ねんど」というもの。

IMGP0312.jpg

 ググってみると普通の紙粘土はひび割れがし易いそうなのでこの木粉ねんどか石粉ねんどを使っている方が多いですね。どっちが良いのか店頭で迷いながらギュッと指で押してみましたが(殴)石粉ねんどの方が固そうだったので、今回は整形し易そうな木粉ねんどを試してみます。

IMGP0295.jpg

 ん〜下地のスチレンボードの起伏の意味が有るのか無いのか謎な状態にはなりましたが、一応こんな感じになりました。しかしこの木粉ねんどは弄っているとそんな経たないうちにちょっとモサモサして来ますが水を付けながら撫でたらなんとか形になりました。
 「この状態でもう砂っぽいからこれでイイじゃん」なんてどうやって楽しようか考えていたら罰が当たりました。よく考えたらこの131ってモンテ仕様なんですよね。どっちかって言ったら舗装で雪でみたいな砂漠っぽいのとは真逆な状況。。。この後は路面をエアブラシで塗装して、考え無しに演出したこの起伏や段差はスノーパウダーでもかけて雪の轍っぽくしようかな(汗) しばらく乾燥させるのでこのまま放置して考えよ。


 せっかく情景の中に置くなら人も乗ってなきゃという事で色々適当な物を探していました。以前おひつじ@takさんともコメントでやり取りさせて頂きましたが、やっぱミリタリーの1/48フィギュアが良いんじゃないかと。いざ探してみると素直にまっすぐ座ってるものってなかなかな無いんですよね〜、姿勢の修正は工作すれば良いんでしょうがなんかそれは面倒くさい。高価なフィギュアは要らないし。。。でもなんとか見つけましたよ♪

IMGP0308.jpg
 これに入っている殿方

IMGP0309.jpg
 ナイスツーミーチュー!

 んでもって131のシートにいざ座ってもらいました。

IMGP0311.jpg
 ビンゴー!

 ボディーを被せてみるとこんな感じ。

IMGP0303.jpg

 細かいことを言うと微妙に小さいんですが、この殿方にエポパテでヘルメットを被せれば頭は大きくなるし座高や腕は簡単に伸ばせるので幾らでも誤魔化しは利きそうです。なにせこういう場合は大きいよりは小さい方が合わせ易いですね。
 ただ欲しい殿方の人数分だけこのキットを買い続けるわけにはいかないので後で複製のシリコン型を作っておきましょう。今回買った車はちょうどやろうと思っていたヘアスプレー塗装の実験台にでもなってもらいましょうかね。

 忘れた頃に続きます。。。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

あら、粘土細工たのしそう・・・
1/48というと1割ほど小さいだけなんで誤差の範囲内かと思ってましたが、人間の身長の1割はやっぱり少なくないですね。まあ室内ならそんな見えなくなるし、バケットシートはタイトなので少し小さくないと納まりませんしね。
ギャラリーやメカニックを配置する場合は、ごまかす方法を考えないとダメかもですね。

1/48でしたらハセガワ飛行機用1/48地上クルーセットがあります。いちおうおねーちゃんもいます。ただ盛大に削ったりしないといけなかったりするので苦労をお金を出して買うようなものだったりして・・・一応模型店で見かけたら中身をチェックしてみてください。

>おひつじ@takさま、こんばんは。
そうですね、収まりに関してはこのサイズが適当ですね。今回は室内のみなので下半身の小ささは気になりませんが、メカニックなどは43サイズのフィギュアじゃないと駄目でしょうね。
去年ホビーフォーラムで買ったQモデルの43フィギュアは立ち姿なので外に立たせるならこれを改造するのがベストかもしれませんね。


>K野さま、こんばんは。
やはり飛行機のフィギュアに良さそうなのが有るんですね。一応それも踏まえて地元の模型屋をふらついて来たんですが、さすが田舎の模型屋だけあって飛行機のフィギュアがほとんど置いてませんでした^^; 他県遠征時は飛行機のフィギュアも見てみますね。情報ありがとうございました!

おはようございます。
モンテのジオラマ、すっごい楽しみです!雪煙巻き上げてドリフトの図なんてのは難しいんでしょかね^^
フィギュアの仕上がりも大変楽しみです。
頑張ってくださいね~!

>エヌエフさま、こんばんは。
いつも有難うございます。なにせ初めてなので自分でもどうなる事やら分かりません(汗)が楽しんでみたいと思います。
そうなんです、自分も跳ね上げる雪の表現に関してはちょっと考えて居たんですがどうやるんでしょうね?!(笑) 白煙や砂煙は綿の様な物を使う様ですが雪の跳ね上げは...思い付きません^^, でも動きのある情景にはしたいなと思ってますのでちょっと頑張ってみます!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hitoriyogari67gt.blog81.fc2.com/tb.php/280-7c31167b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。