スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味深い! 

カテゴリ:モータースポーツ

 面白い書籍の予約が始まりましたね!


Red Bull Formula 1 Car Manual: An Insight into the Technology, Engineering, Maintenance and Operation of Red Bull Racing (Owner's Workshop Manual)Red Bull Formula 1 Car Manual: An Insight into the Technology, Engineering, Maintenance and Operation of Red Bull Racing (Owner's Workshop Manual)
(2011/08/15)
Steve Rendle

商品詳細を見る


 
とあるサイトの書評を抜粋、
 レッドブル・レーシングの全面協力を得て作製されたヘインズ社の "Red Bull Racing F1 Car Manual" は、RB6の内部を探り、いかに最新のF1マシンが比類ないほど詳細に設計、製造、操作されているか、そしていかにして複雑なシステムが機能するかを説明している。
 F1では珍しい開示性をもつこのマニュアルは、二層吹きつけディフィーザとFダクトを含む、2010年シーズンを通じてレッドブル・レーシングがトップを維持するための技術的開発も概説している。


 
 興味深いですね~!エイドリアン・ニューウェイの考えや、RB6のあんなとこやこんなとこ(笑)まで垣間見れる書籍が8月15日に発売される様です!早速予約してしまいました。ただひとつ問題があるとすれば洋書という事ですかね^^;。


 あと、最近気づいたのですがコンビニのローソンの”ローチケ”というサイトに”F1日本グランプリ 応援特設ページ”というのがあって、その中でTwitterを使ったグランプリ順位予想というものをやっていたんですね。上位3位を当てると抽選でF1関連グッズが当たるそうです。お手軽なのでTwitterのアカウントを持っている方ならチャレンジしてみてはいかがですか!?今回から自分もチャレンジ!!

ローチケ:F1日本GP応援特設ページ  http://l-tike.com/sports/f1/sp.html


スポンサーサイト

この記事へのコメント

いい書籍を発見されましたね!

レッドブル関連の資料本は、有りそうでそんなに出ていませんから、これは重宝しそうですね。

特に洋書は侮れません。
和書にない写真が結構あったりするので・・。

私も早速調べてみます。


> しゅんぱちさん、こんばんは!
いや~ホントですね~、最近はつくづく視野の広さが楽しみの幅を広げるんだなあと実感しています。
そこに情報があっても自分の受け皿の方が準備出来ていなければ、今現在も楽しい事を見逃したまま過ごしているのかもしれないと思うとダラケた自分に良い”喝”が入れれる様な気がします^^;。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hitoriyogari67gt.blog81.fc2.com/tb.php/20-b377dda1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。