スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚のズレと意気込み 

カテゴリ:未分類

 あれから一年、長かった様な、短かった様な。あの信じられない様な揺れの後は地元福島にも多大なる影響を及ぼしました。もちろん自分の身の回りにも。これらの事象に関しては様々なメディア等で語り尽くされたであろうから自分の口から言うまでもないが、起きた事は真摯に受け止めつつ一歩踏み出すしか無いだろう。過去をほじくり返して愚痴るのは簡単な事、大事なのは今何をしこれから何が出来るか。苦しい状況下で力を振り絞り踏み出すもう一歩はきっと将来の自分の人生を明るいものとするだろう。当時、なぜかあの状況下でふと自分の頭に浮かび上がった詩と言える程のものではない人生観のようなものがあったので駄文ではありますが記録としてここに記しておこうと思います。ご了承下さいm--m

___________________________________________
 
~山登り~


人生は山登りのようだ

この世に生を享けた者は皆、地上に生まれ山頂を目指す

持って生まれたセンスや器用さというのは一番最初のヨチヨチ歩きの頃の差

大切なのは二本足で大地に立ってから、この山にどう挑むか

ある人は死に物狂いで登り、ある人は休みながらノンビリ登る

ある人は近道を探そうとし、ある人は取り敢えず視界に入る道をがむしゃらに走る

ある人は自分の道を貫き通し、ある人は友達に一緒に歩こうぜと誘いをかける

どの登り方が正しいのか? いやまず第一に正解などあるのか?

頑張るって何なんだ? 頑張らないと悪い事でもあるのか?

上に登ったからなんなんだ、死ぬ訳でもあるまいし

じゃあ登る者と登らない者の差とは何なのか?

それは単純に目前に広がる景色の違いだけなのか?

眺めが良いからって何なの?という人もいるだろう

でも考えてみてほしい

地上から必死に登って来た人は様々な高さの景色を知っている

その景観に感動したり 達成感に心が満たされたりと いつも新鮮な発見や楽しみを味わっている

その経験から得た知識の引出しや幅の広い物の見方からどんどん楽しみを見い出して行く

一方、登る事を諦め山の斜面に座り続けいる人の景色はどうか

ひたすら景色の変わらぬ毎日 そして刺激の無い毎日 「なんか良い事無いかなー」

そんなつらい事して感動するより楽な方が良いよ 死ぬ訳じゃなし 自分もそう思っていた

でも本当にそれで良いのか? 自分でも分かってるくせに

先人や同世代の者は遥か彼方に消え去り 後に生を享けた者もどんどん追い越して行く

気付けば一所に居た仲間たちも「やっぱり行くか」と一人抜け二人抜け 気付けば一人

でも遅くはない

大切なのはいち早く山頂に到達する事だけじゃない

どういう意気込みで登り そしてどうそれを続けて行くかだから

ほんのちょっとで良いからその腰を上げて登ってみよう

頑張れるだけで良いから

そして頑張れるだけ頑張ったら後ろに広がる素敵な景色を見てごらん

今後どうして行くかはそれを見てから考えれば良い

そうして出した答えなら 結果はどうあれ納得の行く人生が送れると思う

所詮は自己満足の世界と言えど せっかくなら大きな満足を得て人生を全うしてみたい

だってその方が面白そうじゃない?

満足や幸せ、楽しみは幾ら貰ってもお金は掛からないんだからたくさん貰っちゃおうよ(笑)

___________________________________________

 以上、駄文ではありますが落ちこぼれた人生を送って来た自分の体験談でした。。。^^;  




 



 
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hitoriyogari67gt.blog81.fc2.com/tb.php/119-3419115e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。